講習

タティングレースの講習もやります


201805160859140ff.jpeg

5/19(土)にはタティングレースの講習をやります。

ウールではないけれど、ちょっと変則的に。

タティングレースを始めて手芸本で見た時に、
その可愛らしいデザインに魅了されました。

それまではレース編みといえば、
かぎ針で編むクロシェレースしか知らなかったんです。

タティングレース?初めて聞くわ。
どんなレースなんだろう?

え?クラシカルな古い時代のレースなの?

このデザインなんて可愛いんだろう!

俄然挑戦してみたくなったんです。

ところが、

本を開いてみても、さっぱりわからない。

難しいーーと感じて、一旦は本を閉じたんです。

でも、どうしてもマスターしたいって気持ちが湧いてきて、
1週間後、再度チャレンジしました。

タティングレースは大正時代くらいに日本に入ってきています。
当時はタッチングと言っていました。
だから、年配の女性で、女学校で習ったわ、という方もいらっしゃいます。

でも、とってもマイナーなレース編み。

一人で本を見て編むというのは、ちょっと難しい。

なので、
教えてもらうがいいですよ。

5/19に、タティングレース、講習します。

写真のドイリーのモチーフを一つ作ってみます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
講習費 一般の方 1000円
ウールの会会員 300円
材料費 500円 (タティングレースシャトルは貸し出し)

持ち物 糸切りバサミ 筆記用具

場所 兵庫県神戸生活創造センター
JR神戸駅南 クリスタルビル 5F

講習申し込みフォーム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
5/19(土) 10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム



一色で濃淡をそめる 化学染め講習

201805160114116e1.jpeg
5/13に六甲山牧場 夢工房のウールクラフト室で化学染めの講習をしました。
今日はその化学染めの様子をお届けします。

今回は1フリース(フリースは羊一頭分の羊毛のことです)
1.2kgの羊毛を濃い藍色と薄い色に染めました。
201805160110170f3.jpeg
羊毛を半分に分けて、
黄色がかった羊毛は濃い色に、白い羊毛は薄い色にわけます。
染める前に、40度くらいのお湯に浸けます。
20180516011018f50.jpeg
染料がきれいに入るように台所用洗剤を加えます。

羊毛をつけておく間に染料を用意します。
20180515090312b97.jpeg
今回使ったのはダイロンマルチ。
一袋で250gの繊維を染めることができます。
濃い色に染める場合は倍量の染料を用意します。

20180516011138c76.jpeg
ステンレスのボウルに入れて、

201805160111379af.jpeg
熱湯で染料を溶きます。
ここで色止めのお酢を加えます。
今回は250ml入れました。
溶け残りがないように完全に溶かします。

201805160112446bd.jpeg
寸胴鍋にお湯を6分目まで入れて、
染料を加えます。
工房の使える時間が限られていたので、
今回は濃い色の鍋と、薄い色の鍋と二つ用意しています。

お家で染める時は、
濃い色を染めたあとの染液は
色がまだ残ることがあるので、
その残った染液で薄い色を染めていくことができます。

201805160112463d3.jpeg
薄い洗剤液につけた羊毛を脱水にかけます。
洗濯槽の中で羊毛が動かないように、
洗濯槽の縁に沿わせるように羊毛を置き、脱水します。

今回は一度に染める量が多いので、
脱水しています。

お家で染める時は
ざるに羊毛をあげて、ぎゅっと押さえつけて
水分を取るくらいで大丈夫です。

201805160112477a0.jpeg
染液を溶かした鍋の中に羊毛をつけます。
染液に入れたら、上から押さえて、
完全に浸かるようにします。

20180516011245b7b.jpeg
羊毛をいれて、蓋をして、
30分かけて、弱火でフツフツと蒸気があがるくらいに
温度を上げていきます。
95度くらいです。
ここでは羊毛の繊維が細く、フェルト化しやすかったので、
グツグツとは煮ていません。

30分かけて沸騰手前まで温度が上がったら、
とろ火にして、30分継続して煮ていきます。

その後、火を止めて30分かけて
ゆっくりと冷ましていきます。
蓋を開けておくといいです。

201805160114129d1.jpeg
20180516011409da4.jpeg
今回は寸胴鍋が重かったので、
流しまで運べず、
ボウルに引き上げて放冷しました。
この羊毛を冷ます時も、
できるだけゆっくり冷ます方がいいです。
急激に冷ましてしまうと、フェルト化します。

20180516011413ea0.jpeg
手で触れるくらいの温度まで下がったら、
同じ湯温ですすいでいきます。
すすぐ時にフェルト化した部分があれば、
羊毛を引き延ばして離すような感じでほぐしていきます。
すすぎの水が透明になったら、すすぎ完了です。

脱水をしっかりかけます。
羊毛が動かないように
洗濯槽の縁に沿わせて置いてください。
しっかり水分を飛ばすと、
あとの毛ほぐしの作業がしやすくなります。

201805160114116e1.jpeg
参加者の皆さんで分けています。
こんな色合いに染まりました。

濃い色に染めると、
染めたあとに染液がまだ色が残っていることが多いです。
色が残っている染液はまだ染められるので、
新しい羊毛を薄い色に染めることができます。

色が完全に繊維に吸収されると、
染液が透明になります。

3/18 編み物講習のお知らせ

3月18日(日)10:00〜13:00
編み物講習をやります。

場所 神戸生活創造センター
JR神戸駅前 クリスタルビル 5F

持ち物 中細の毛糸 50gほど 3号棒針 4〜5本 短い方が編みやすいです。

講習費 ウールの会会員は500円
一般の方は 1000円

とてもシンプルなゴム編みのリストウォーマーを編みます。

201803142151458f0.jpeg

20180314215140ac8.jpeg

20180314215138399.jpeg

お申込みは↓こちらのフォームからどうぞ。
講習お申込みフォーム

午後は糸紡ぎもできます。

ハンドカーダーで混色 手紡ぎ講習会 開催しました

2/17(土)に 糸紡ぎ講習会 ハンドカーダーを使った混色の仕方 やりましたー。

ハンドカーダーの使い方のレクチャーがメインの講習会になりました。

201802190020268e9.jpeg

今回は、10:00から15:00くらいまで、午前中、午後から、など、
参加したい方が自由な時間で来ていただけるようにしました。

募集をした時には、どのくらい人数が集まるのかなぁと思っていましたが、
フタを開けると、
なんと15名の参加でした。

ハンドカーダーの使い方は、
丁寧にはなかなか教わる機会がなく、
皆さん、動画を見たり、
なんとなく、自己流でカードがけしていらっしゃいました。

糸紡ぎは好きなんだけど、
カードがけが嫌い、
上手にできない、
という声をよく聞きます。

ハンドカーダーの選び方から、お伝えして、
カードの動かし方、
羊毛の梳き方をレクチャーしました。

しばらく練習すると、
皆さん、上手にカードがけができるようになりました。

受講された皆さんの声

「今までの使い方は何やったんやろう?と思いました」
「目から鱗!」
「もっと早く教わりたかった」
「初めてやのに、こんなにきれいにカードがけできて嬉しい」
「今まで紡いだことのない細さの糸が紡げました」

手紡ぎの糸の仕上がりは、カードがけがどれだけきれいにできるかで、変わってきます。

カードがけした羊毛を紡ぎ車やスピンドルで試しに紡いでいただきましたが、
楽に綺麗にするすると紡げるのに感動していただきました。

数時間の講習だけでは
なかなか手の動かし方とか、定着しないので、
ウールの会の活動日に練習しにいらしてください。

また、行きたかったけれど、都合がつかずに参加できなかった、
という方も、活動日にいらしてください。
ほぼマンツーマンでレクチャーいたします。

次回の活動日は3/3(土)10:00〜16:00ごろまで

講習費は
一般の方 1000円
ウールの会 会員 500円

講習申し込みフォーム



神戸ウールの会 入会申し込みフォーム

外出時だけでなく、家の中でこそ使って欲しいリストウォーマー

3/18(日)の編み物講習のレシピを作っています。



編み物初心者さんでも出来るシンプルなゴム編みのリストウォーマーです。

2018020623571577b.jpg
今年の冬はすごく寒くて。
家の中でPC作業をしていると、手首が冷えてきます。
スマホを触るときも。

そんな時に、このリストウォーマーがいい仕事をしてくれます。

外出時だけでなくて、お家の中でも使うといいですよー。

神戸ウールの会に入ると、いろんなウールクラフト
手紡ぎ、草木染め、化学染め、
ニードルフェルト、編み物、織り物、
水フェルトなどなど
とても安価な費用で講習を受けられます。
入会費500円、年会費3000円です。

神戸ウールの会入会申し込みは↓こちらです。

神戸ウールの会 入会申し込みフォーム

3月の編み物講習はシンプルなリストウォーマー

神戸ウールの会です。
3月の編み物講習のサンプルを制作中です。
201802051446084a4.jpg
ゴム編みの簡単リストウォーマー
↑こちらは、くるっと円に編んでいっています。
表側しか見ないので、編むのは楽チン。
極細~中細くらいの糸の太さ、
使っている針は3号棒針 ダブルポイント。

途中で、親指を出す穴を作るために、
引き返し編みをします。

20180201033654b98.jpg
↑こちらはグラデーションになるように、
ハンドカーダーを使って混色して、紡いだ糸を使って。
きれいなグラデーションになっているので、
これだけでも、身に着けるとテンションあがります。

ハンドカーダーを使ってグラデーションの糸を紡ぐ講習を2/17(土)にやります。
ハンドカーダーの混色と糸紡ぎ講習のお知らせ

神戸ウールの会 入会申し込みはこちら↓
神戸ウールの会 入会申し込みフォーム

神戸ウールの会 2/17の紡ぎ講習はハンドカーダーの使い方メインです

神戸ウールの会です。

2/17(土)に紡毛機の紡ぎ講習をやります。


こんな紡毛機で紡ぎ体験します。

今回はハンドカーダーの使い方を丁寧にやりますよ。
ハンドカーダーで、グラデーションの色の混色のやり方を講習します。

20180201033654b98.jpg

20180201033655741.jpg

画像のリストウォーマーは濃い臙脂の羊毛と白の羊毛をハンドカーダーで混色して紡いでいます。

ハンドカーダーのカーディングは、結構手間がかかって、手が痛くなるから好きじゃないという人も多いです。
ちょっとのコツで、力がいらずに軽く軽くカーディングできるようになります。

紡毛機で紡ぎ体験してみませんか?
ちょっと興味があって、やってみたいと思ってるあなた、
お気軽にいらしてください。


紡ぎ体験で使う紡毛機です。
マジャクラフトのリトルジェム


紡ぎ講習お知らせ
2/17(土) 10:00〜
兵庫県生活創造センター (クリスタルビル5F JR神戸駅前)

持ち物 紡ぎたい分量の濃色と白羊毛
ハンドカーダー

参加費 500円

お申し込みは↓こちらからどうぞ。
紡ぎ講習 申し込みフォーム


神戸ウールの会のお申し込みはこちら↓

神戸ウールの会 入会申し込みフォーム





バスケット編みリストウォーマーの編み物講習

今日は神戸クリスタルビル
創作工房で、バスケット編みのリストウォーマーの編み物講習でした。

8名の参加で楽しくやりました。
201609140027295e7.jpg
初めてのバスケット編みは
ウェアのニットとも違う、
マフラーでもない、
ちょっと戸惑う編み方でしたが、
一行程づつ、個人対応で講習いたしました。
ウールの会の会員の皆さんは、
みんな、勉強熱心です。
いつもいつも新しいこと、
新しいことを学ぼうとされるんです。

そんな姿勢が長生きの秘訣かも。

今日はメリヤス編みを左から右へ編むというのをやってみました。

編み地をひっくり返さなくてもいいやり方です。

ちょっと難しかったので、
また後日レクチャー日を作らなくっちゃ。
20160914002727416.jpg

20160914002725a40.jpg

これは手紡ぎ糸で編んだサンプル

今年の六甲山牧場のウールフェスタは
11/3から始まって、
日、祝日開催です。



今年の会員向け編み講習 バスケット編み

9/13のウールの会の編み物講習は
バスケット編みのリストウォーマー

サンプル製作中です。
2016090222402133c.jpg

羊毛は、レインボー染したものを
色ごとに分けて、紡ぎ分けたもの。
それを極細〜中細くらいに手紡ぎしました。

使用針は3号ダブルポイント。
201609022240131f5.jpg

20160902224018730.jpg

このバスケット編み、
編み地をひっくり返さずに、
表側だけをみて編んでいきます。

サイズが小さめなので、
パターンの目数を一目増やして、
もう一つ、サンプルを作る予定。


文責 畠山



キーウイクラフト講習会!

141116_145912.jpg

11月9日の日曜日、
ウールの会は今年最後の講習会でした☆

「キーウイクラフト」の講習でしたよ~(^O^)♫

キーウイ?なのかキウイ?クラフトなのか、
どっちでもいいみたいですけど^^;
要するにニュージーランドの伝統的な手紡ぎの方法なんだそうです!

話を聞くだけでは
どんなのかな~?と思ってました。
ダウンロード
キウイのクラフト?
images.jpg
キウイ(鳥)っぽいクラフトということなのかな?

実際やってみたらですね・・・

とっても素朴で簡単&楽しい紡ぎ方でした!!

カーディングした羊毛を、
ふとももと手のひらでクルクルするだけなんです!

クルクルクル~♫
141116_132338.jpg
↑講習会初参加のお二人(b’3`*)

参加されたみなさんでワイワイおしゃべりしながら、
ひたすらクルクルしていきます。

おお~
みるみるうちに毛糸になってゆく~( ,,-` 。´-)ホォー 

このキウイクラフトで作る毛糸は太めでフワフワしていて、
いかにも手紡ぎ!という感じ。
編むと、空気をたっぷり含んだ柔らか~い編み地になるようです。

六甲山牧場の羊は「コリデール種」で、メリノと比べるとちょっと固めなのですが
この方法なら柔らかい作品にできるかも・・・・?

↓今年6月の染めの講習会で染めた毛でやってみました~ 過去記事→★
左上が染めただけの毛!
右上がそれをカーディングしたヤツ!
それをキウイクラフトで毛糸っぽくしたのが手前のマキマキです。
DSC01429.jpg
ちなみに一番上の画像は、さらにそれを編み上げたのです!(by H山さん)


やってみて思いました…
超!カンタンだわ♡♡♡

カーディングさえしておけば、
羊毛を紡ぐのにはすごく簡単でいい方法だと思います!

特に私のようにスピンドルが大の苦手、という人には…
(カーディングも得意じゃないですけど…)

少々時間はかかりますが、
おしゃべりしながら、テレビでもみながら?クルクルし続ければ
帽子が編めるくらいの量は紡げるかしらん。

これから寒くなって引きこもり最高!な時期を前に、いい方法を教わりました(^^)v
講習会参加のみなさま、お疲れ様でした☆
(takai)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

水フェルトで帽子を作りました♪

9月に入りずいぶん涼しくなりましたが
今年は雨が多いですネ…ムシムシします~(´д`ι)

おととい(9月3日)、六甲山牧場で撮った羊さんも雨と泥のせい?かうっすら茶色に^^;

注※
現在六甲山牧場にむかう道は大雨の影響でいろいろ変更されてます…
詳しい行き方は牧場のホームページをチェックです→☆


さてウールの会では
こういう暑くてムシムシする季節には、
「水フェルト」の講習会をすることが多いもよう。

羊毛+水+まさつ=縮む

という性質を利用してフェルト作品をつくるのです♪

夏場のウールワークにぴったり♪


さてさて、
今回の講習会は「水フェルトで帽子を作る」ということで、
六甲道の勤労市民センターに集まりました。

参加人数は8人でした☆

RIMG3782.jpg

薄~くちぎった羊毛を
帽子の型に合わせて並べていきます。

そしてぬるま湯と洗剤をかけて、あとはひたすら縮絨!

縮絨!縮絨!縮絨~!(=`ェ´=;)ゞアセアセ

・・・ガンバった甲斐あって、
皆さんそれぞれにステキなベレー帽が出来上がりました!
DSC02140.jpg
写真撮ろうと思ったら4人しか(^_^;)

初参加の方や、水フェルトは初めて、という方も
完成させることができて良かったです♡

参加された会員の作品は、
10月に六甲山牧場で行われる「ウールフェスタ」で展示しますね~

σ(´・д・`)ハッ!
そろそろ告知しておかないと!

六甲山牧場 ウールフェスタ 2014
神戸ウールの会の作品展示&即売会は

5(日)・12(日)・13(祝)・19(日)・26(日)


の予定ですヨ。

毎年人気の手作りウール作品の販売もありますので、
どうぞお見逃しなく~☆




(takai)

ニードルフェルトで羊のマスコット作り講習会でした!

RIMG3750.jpg
ブログに載せるのが遅くなってしまいました(;´Д`A ```
更新サボってますね!

6月8日(日)、神戸ウールの会の講習会として
「ニードルフェルトで羊のマスコット作り」を開催しました~

@六甲道勤労福祉センター。
駅から近くてすんごいラク。

しかし今回、総勢17名の大人数でしたよ!
定員18名の会議室 B に収まるか役員はヒヤヒヤ…
140608_143538.jpg

講師をつとめて下さった辻子さん、ありがとうございます!!

マイク無しで解説していただいたり、会場全体を廻っていただいたりと
今年米寿を迎えるとゆーお方にしていただくことじゃーなかったですね…(。-人-。) ゴ、ゴメンナサイ

そこのところは役員として反省しないといけないです。
10名を超える講習会は2部に分けたほうがいいのかも?

参加された方にはちゃんと習得していただけたかしら~

ピンクの羊さんを作っていた女子3人は満面の笑顔ですね。
もっちー、握りつぶしちゃダメだよ☆
140608_164834.jpg

最初の画像の羊さんは、
前回の講習会で染めた六甲山牧場の羊毛で作ってみましたヨ♪
RIMG3735.jpg
↑この羊毛が
↓こんな子たちに
RIMG3750.jpg
M野さん命名、
☆六甲夢ひつじ☆ © 2014 kobe wool-no-kai All Rights Reserved.←てきとう(・ω<)

会員の皆さんが作ったひつじちゃんたちは、
秋のフェスタで販売する予定です♪


むら染めの講習会@六甲山牧場

RIMG3732.jpg
5月28日は“むら染め”の講習会をしましたよ~♪

2週間前のリハーサルでは肌寒くて…(詳しくは5月19日のエントリーをどうぞ→★
今回も上着いるよね!とユニクロのウインドブレーカー持ってったんですけど
いや~、暑かったわ(^_^;)

「何年いても六甲山の天気は読めぬ!」byウールの会古参会員さん

さてさて、十分に湿潤させた羊さんの毛に…
(けっこう牧草とか木クズが混じってますがこまけーことは気にしなくて良いそう)
RIMG3719.jpg

あらかじめ溶いておいた染料をぶっかけていきます。
今回は青系のむら染めなので、青、紫、ローズの3色で。
RIMG3727.jpg

鍋を火にかけ、待つこと30分・・・
しかしここのコンロはオンボロですね~(T_T) 火が消える消える。
借りといてナンですが新しいの買ってくださいヨ! 六甲山牧場K村さん!

火を止めて冷まし、荒熱が取れたら
羊毛を取り出してさらに冷まします。
すぐ洗っちゃいたいとこですけど、羊毛に急激な温度変化は厳禁なんだそう。(固まっちゃうので)

染め上がった羊毛はこちら~☆
RIMG3735.jpg
「うっわ、派手エェ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・」
あまりのインパクトに立ち尽くす会員さんたち…

って事ではナイですよ~
思った通りのカラフルな“むら染め”に一同大満足です♡

染め上がった羊毛はみんなで分けて持って帰り、次の作品作りに活かすのです!
これを紡いで、織ったり、編んだり…
みなさんが仕上げる作品が楽しみです||*´∀`)。o○(ワクワク)

ワタシはちっちゃくブローチを試作してみましたヨ。
恥ずかしいのでちっちゃい画像で…
RIMG3742.jpg
編んだばかりの麻のニット帽に付けてみたらイイ感じでした~



今回の講習会で参考にしたのが
「虹染めからはじまる 羊毛の手しごと」
7.jpg

この本の著者の一人、小谷育代さんは以前、
神戸ウールの会に在籍されていたそう。

先輩方の功績のお陰で、
今、わたしたちの活動ができることに、心から感謝です ¨゚・*:..。♦♫♦*


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

ヒツジさんの毛を鍋で煮て染めてみました

RIMG3707.jpg

とっても派手派手ですね!

いきなりですが☆これが染め上がった羊毛でーすv(^O^)v

ウールの会では来週、
「羊毛の染色」をテーマに講習会をするのです。

“染め”の講習会は、かな~り久しぶり・・・
ずいぶんやってないねぇ…
ちゃんとできるのかしら…

そんな不安(?)もあって、
リハーサル的に前もって染めてみることに。

六甲山牧場の一角をお借りして、少人数でやってみました。
企画担当の木村さんありがとうございますー。

♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*

「羊毛の染色」は、
大きな鍋に羊毛を入れて、グツグツ煮るのが基本のようです。
(初心者がてきとーな事を言っています。違ってたら怒ってやってください)

今回は「むら染め」ということで、
ペットボトルにそれぞれ作っておいた赤・オレンジ・イエロー系の染料を、鍋に入れていきます。
RIMG3695.jpg
まずは、ローズレッドから!
じゃばじゃば~
RIMG3696.jpg

続いて、イエローも投入!
じゃばじゃばじゃば~
RIMG3698.jpg
さらにオレンジ色も投入です!
じゃばじゃばじゃば~

ジャバジャバ入れちゃってるようですが、
しかし!手元をよく見て下さい!

それぞれの色が重ならないよう、
羊毛に均等に色が割り振られています!
RIMG3700.jpg

そして、染料がしみ込むように、すりこぎ棒で羊毛の表面を軽く叩きます。

本当はステンレスの棒が素材的に適してるそうなんですが、
お高いんだそうです・・・

(…って、いくらくらいですかね?と思って
 田中直さんのオンラインショップをみたらこんなんでした)
田中直
♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦
本題に戻ります(ノ´∀`*)

染料を染み込ませたら、お鍋を火にかけて蒸していきますよ~。

今回は屋外でコンロを使ったので、
風があったりして火の加減が難しかったです。

本来は30分ほど蒸すみたいなんですけど、
途中で
「はッ(゚Д゚;) なんか焦げクサくない…!?」となり、
慌てて火を止めたという。

あとは蒸らして調整しました☆
蒸しあがった羊毛がコチラ~
RIMG3704.jpg
で、冷ましてから洗って脱水です。
この辺りは詳しい注意事項なんかがあるんですけど、
長くなるのでまた今度書くことにしますネ。

そして出来上がったのが冒頭のハデハデ羊毛です~♪

「こんな羊毛、見たことない! ワォ!!(゚∀゚屮)屮.+゚*」
っていうくらい、カラフル&ポップなネオンカラーに染め上がりました!
RIMG3707.jpg
maki田さん命名「縁日のかき氷色♡」

ホントですね♡氷イチゴに氷レモンの色だ~

これは、最初染料を混ぜるときに
他の色を混ぜ合わせなかったからだそう。
色をミックスすると、深い色や渋い色になるんだそうです。

例えばこちらは何色か混ぜあわせて、すみれ色に染めたパターン。
RIMG3702.jpgRIMG3708.jpg

来週の講習会では、
①青系染料のむら染め
②赤系染料のむら染め

の二通りやってみることに。

リハーサル的にはなんとかうまく行った気がしますけども…

あとは当日、晴れるかどうかですね~^^;
では会員のみなさん、28日の水曜日はよろしくお願いします!!


ウールの会に興味を持ってくださった方のコメントもお待ちしています☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村