FC2ブログ

昭和な香り ヂャンティ織り

先日のウールの会の活動日にヂャンティ織りの講習しました。
ヂャンティ織りというのは
この写真のハンドルーム
小さい織器です。

201810101635417e3.jpeg
こんな昭和っぽい箱に入ってて、
織器は3種類。
四角の織器、大小の2種と丸の3つ。

とても長い針で横糸を入れていきます。

2018101016354385d.jpeg
縦糸を張っていくんですが、
3回向きを変えて、糸を張ります。
写真は一回目が終わって、2回目に入ったところ。

2018101016354577d.jpeg
3回張るとこんな風になります。

201810101635460db.jpeg
そこに、外側に3周半の長さの糸を測って、
長い針で、横糸を入れていきます。

2018101016354749b.jpeg
ちゃんと平織りができるようになっています。

201810101635498e9.jpeg
織器から外すと、ちゃんと正方形の可愛い織り地が出来上がり。

このモチーフをかがって繋げて、
作品にしていきます。

写真では細めの糸を使っているので、
透け感がありますが、
太めの糸で織って、縮絨をかけると
目が詰まってしっかりした織り地にもできます。

先日の講習会では
小学生の娘さんたちに好評で
私もやってみたい、と
チャレンジしていらっしゃいました。

糸も、残り糸のような短いもので
モチーフができるので、
楽しめます。



ーーーーーーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
10/7、21(日) 10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム
スポンサーサイト

秋のイベントが近くなって、作品制作も進んでいます

10/7は、リストディスタフの作り方講習と太い糸の紡ぎ方講習、
それと、ヂャンティ織りの講習をしました。
20181009143654507.jpeg
ドロップスピンドルで太い糸を紡ぐ場合は
ホイールの直径を大きくするのと、重さを重めにすると
甘撚りの太めの糸が紡げます。

写真を撮るのを忘れていたんですが、
ホイールはCDを使いました。
CDのサイズに厚紙を切って、
8枚重ねて、CDもつけて
おおよそ61gくらい。

この重さのスピンドルだと、
合太くらいの糸が紡げます。

4gでレース糸
15gでサンカグローブ用の糸 (極細糸)
30gで中細糸
60gで合太糸
100gで並太糸

がおおよその目安です。

スライバーから紡ぐのは上級の紡ぎになるんですが、
ディスタフの使い方も含めて
紡ぐ練習をしました。

20181009143654406.jpeg
こうやってスピンドルで自由に紡げるようになってくると、
ニードルポイントの糸も自分で作れるようになるんです。
写真の会員さんは、ニードルポイントやってます。

ニードルポイントは
刺繍のクロスステッチのウールの糸を使うバージョンのことを言います。
クロスステッチは綿の刺繍糸を使いますが、
ニードルポイントはウール糸です。

20181009143657794.jpeg
試作ですが、こんなに可愛いの。
綿の刺繍糸は光沢がありますが、
ウールの糸は光沢はありません。
でも、ふわっと可愛いです。

こんなワンポイント刺繍がついた小物を制作予定なんですって。

11月の六甲山牧場でのイベント「あきまきば」で
販売予定です。

20181009143656da4.jpeg
そして、こちらは
会員さんが作ってこられたニードルフェルトのミニピンクッション。

なんて可愛いんでしょう。
箱の蓋を開けた途端に
歓声が上がりました。

ヂャンティ織のお話は
次回にしますね。

ウールの会の活動日
次回は10/21ですが、
この日は作品提出部日になるので、
講習そのものはお休みです。


「シェットランドレース」からリングのリボン 仕上げ方

ニットレースの仕上げについて、ご紹介。


ウールの会の会員さんが、嶋田さんの「シェットランドレース」の中の
リングのリボンを編んでいらしたので、
触発されて、私も編んでみました。

というのも、
このリングパターン、鳥の目とも言うんですが、
このパターンは偶数段もかけ目や3目一度があるので、
難しくて、避けていたパターンだったんです。

でも、ここらで、再挑戦したら、
ちょっとは苦手意識払拭できるかなと。


20181001132223b6e.jpeg
このパターンは、覚えられるといいけれど、
途中で手を置くと、どこからだっけ?となるので、
パターンだけを、手書きで書いておく。

コピーでもいいね。

こういうちょっとしたことだけれど、
パターン本をいちいち開ける必要がなくて、
編みやすくなる。

2018100113222906d.jpeg
金属製の0号輪針は先が尖っていないので、
編みやすいように先を尖らせる。

これも編みやすくするコツの一つ。

ニットレースは糸が細いので、
できれば竹製の針の方が滑らずに編みやすい。

手持ちに0号の竹製の針がなかったので、
金属針を使ったけれど。

針先を尖らせるのは、竹製でも金属製でも同じ。

20181001132225b3c.jpeg
編みあがったリボン。
丸く巻いているのは、猫の足跡の名前のパターンでリボンを編んだもの。

20181001132226ad6.jpeg
シェットランドレース、ニットレースは
編みあがってから、ブロッキングという仕上げの工程があります。

編みあがったら、ウール洗いの洗剤で軽く洗う。
つけおき洗いをする。
ウールなので、洗う時とすすぐ時の湯温を変えないように注意。
タオルドライをしたあと、
写真のように縁を待ち針でピンピンに張っていく。
ピン打ちしているそばから、乾いてくる。

201810011322287db.jpeg
乾いたら、待ち針を外して出来上がり。

ーーーーーーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
10/7、21(日) 10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム


ビーズを入れて作ってみると

9/16にリストディスタフの作り方講習と、レース糸の撚り合わせ方の講習をしました。

強撚ディスタフに、ビーズを入れてみても面白いんじゃないかと思って、
ビーズ入りをつくってみました。

20181001020201c98.jpeg
ウッドビーズを入れると、こんな感じに。

201810010202038f6.jpeg
白い糸にカラフルなアクリルビーズを入れると、こんな感じ。

ゴムみたいに伸び縮みするので、
シュシュになりました。
写真のようにブレスレットにもなります。

20181001020200fb2.jpeg
この日はレース糸の双糸の撚り合わせ方も講習しました。

シェットランドレースに挑戦されている会員さんがいらっしゃるので、
編みやすい道具の目数リング(スティッチマーカー)の作り方も
紹介しました。

次回の活動日は10/7(日)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
10/7、21(日) 10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム

リストディスタフ作り方、使い方講習

2018090218065689f.jpeg
今日はリストディスタフの作り方、使い方講習をしました。

ドロップスピンドルで紡ぐ時には、絶対に使ったほうがいい道具。

強撚ディスタフは、作り方は簡単だけれど、
かなり使える道具。
でも、手首につけていると、なんだか変わったブレスレットみたいに可愛い。

市販の毛糸をスピンドルで撚りをしっかりかけて、
ディスタフを作りました。

皆さんの作品を撮るのを忘れていました。

ねじりかせディスタフの方は、
スライバーを紡ぐ時に使うと便利な道具。

こちらも作り方は簡単。
手首に通す部分を三つ編みした後に、
毛糸を2つの房に分けて、
それぞれよじって、二つを反対の向きに撚りあわせて
綱のようにして、できあがり。

こちらはスライバーを手首に巻かなくていいので、
暑くなくていいです。

次回の9/16もやっていますので、
ぜひお越しください。

今日は会員さんが、とってもステキな手仕事の作品を持ってきてくださいました。

というのも、
秋の牧場のイベント 「あきまきば」で
どんなものなら販売品として出せるのか?
という問い合わせをされたので。

ウールの会ならでは、ということで、
紡ぎ、織り、染め、編み、フェルト、などの工程のうち、
2工程を経たものを作品販売するんです。

お持ちになった作品が
とってもセンスが良くて
お洒落なロングネックレスでした。

今年のイベントでは、いろんなステキな小物が出てきそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
9/2、16(日) 10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム

ドロップスピンドルで紡ぐ時の便利な道具 「リストディスタフ」


ドロップスピンドルで紡いでいると、時々、左手に持っているローラッグや、
スライバーが紡いでいる糸に絡まってしまうことがあります。

そういう時には、リストディスタフという手首にローラッグやトップを固定する道具があるんです。
20180822180129518.jpeg
写真の黄色のものと、紫のものがリストディスタフです。

黄色のものはツイストディスタフ、
紫のは強撚ディスタフです。

ハンドカーダーをかけた羊毛のシートや、ローラッグスには強撚ディスタフ、
スライバーにはツイストディスタフが使いやすいです。

下の写真はちょっと違うディスタフですが、
使い方はこんな風にします。
20180827100405635.jpeg
ツイストディスタフは、スライバーを巻きつけて使います。

20180827100406459.jpeg
強撚ディスタフは、羊毛のシートやローラッグスを挟んで使います。

この2種類のディスタフを作って使う講習をします。
日時は、9月の活動日。
9/2、16 (日) 10:00〜16:00

申込みの方に持ち物などのお知らせをしますね。

ーーーーーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
9/2、16(日)10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム




糸紡ぎは楽しい

8月19日、ウールの会の活動をしました。
新入会員さんが、スピンドルの糸紡ぎの講習を受けています。

ドロップスピンドルは、糸を紡ぐ工程をシンプルに繰り返すので、
糸紡ぎの基本がわかりやすいです。

初めての人も、ちゃんと紡げるようになります。
20180822150706298.jpeg

20180822150707fd5.jpeg
こちらはハンドカーダーの使い方の講習と、
ニードルフェルトのピンクッションを作っています。

この日は写真は撮ってないですが、紡毛機も持って行ったので、
紡毛機での紡ぎの講習もやりました。

この日の糸紡ぎの講習でのご感想をいただきましたので、
紹介しますね。

「本日、手紡ぎの講習に参加させていただきました。
一言では言い表せないほどにコツが要る作業ではあったのですが、非常に楽しく参加させていただきました。」

糸を紡ぐというのは
羊毛の繊維を引き出して、
スピンドルの回転を使って
糸に撚りをかけて糸にする、を繰り返して、
長くなったら、スピンドルの芯棒に巻き取る、
の繰り返しで紡いでいきます。

その作業は色々と、コツがあるのですが、
工程そのものはとてもシンプルです。

ドロップスピンドルでも、紡毛機でも
やっている工程は同じです。

最初は難しいと感じますが、
糸を紡ぐのって楽しい、と感じると、
遊び感覚で、毎日やってみることができます。

上達の1番のコツは
毎日15分でもいいので、触ること。
紡ぐことに尽きます。

ウールの会では、
毎月2回、活動日を設けているので、
その時に参加すると、
糸紡ぎのノウハウをレベルに合わせて習得することができます。

9月の活動日は 9/2、16(日)です。

次回の活動日では
ドロップスピンドルで紡ぐ時に使う時に
とても便利な道具の「リストディスタフ」を作る講習をします。

写真の黄色いのと、紫の輪っかみたいなものです。

リストディスタフの使い方などは
次の記事に書きます。

ーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
9/2、16 (日)10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム



ジャック式の織り機で織りもやっています

20180814114259eb3.jpeg
ウールの会ではジャック式の本格的な織り機で織りの講習もやっています。
六甲山牧場に織り機があるので、
織りをやりたいメンバーが牧場まで出向いて織っています。
牧場へは、牧場の好意で六甲山牧場への従業員バスを使わせていただいています。

先日、ちょっと牧場まで上がって、
織りの様子を見学してきました。

20180814114257982.jpeg
経糸を張っています。

201808141142588a3.jpeg
この会員さんはスピンドルで紡いだ糸で大判のものを織ります。
織り機の幅、いっぱいいっぱい。
何より、スピンドルで紡いだ糸が素晴らしいです。
20180814114301495.jpeg
ジャック式の織り機ならではの綾織に挑戦です。
経糸、緯糸が同じ糸なので、模様は見難いですが、
こうやって斜めから見ると模様がわかります。
(経糸、緯糸の色を変えると、はっきりと模様がでます。)

20180814114302c01.jpeg
こちらは、織りの今のトレンドの「ヤノフ織り」
ヤノフ織りの本を見ながら、挑戦です。
習いにいかなくても、こうやって織ってしまえるんですね。
ウールの会の会員さんは
織り専門にやっている人、
編み物専門にやっている人、
フェルト専門とか、
いろんな人がいらっしゃるので
そんなメンバーさん同士で教えてもらえるんです。

2018081411425502f.jpeg
こちらは、六甲山牧場の羊毛での紡績糸を使って織っています。
糸がとても細くて、撚りも強いので、
さらっとした肌触りのものです。
縮絨(しゅくじゅう)をかけると風合いが柔らかくなるかなぁ?

今年のウールの会は月2回の活動日を設けて、
定期的に活動していて、
ブログも更新をちょっと頑張っているので、
ブログから見つけてくださって、
新入会員さんが増えてきています。
とってもありがたいですし、
仲間が増えて、嬉しいです。

次回の活動日の19日には
Handful(ハンドフル)というハンドメイドの情報サイトのライターさんが
糸紡ぎの体験にいらっしゃいます。
ハンドエイド情報サイト Handful
今からとっても楽しみなのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
8/4、19 10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム

ドロップスピンドルの糸紡ぎ講習 初めてだからこそ、受けて欲しい

今日は8月の活動日。
今日はハンドカーダーの使い方を教えて欲しい会員さんと、
初めて糸紡ぎに挑戦したいんです、という方の
ドロップスピンドルの講習をしました。

まず、最初に受けてほしいのは
ドロップスピンドルの講習。

糸を紡ぐという
とてもシンプルな工程を実感できる講習です。

スピンドルを回す、
羊毛を引っ張る、
糸を持っている右の指先を離す、
撚りが上がって糸になる、

スピンドルを回す、
羊毛を引っ張る、(紡ぐ)
指を離す、(撚りがかかる)

紡ぎ糸がある程度長くなったら、
スピンドルに巻き取る

このシンプルな工程。
20180804163702674.jpeg
写真のお二人は、糸紡ぎは初めてです、っていう方たち。

初めてでも、糸紡ぎって楽しいんだ、って
感じてもらえる講習をしています。

毛糸なんて、買うもんだって思っていたのに、
自分で作れるんだってわかったときの驚き。

そして
撚り合わせた双糸の糸

初紡ぎの糸は
撚りも不均一で、不恰好だけれど、
でも、味わいのある
なんだか可愛いって思える糸。

お二人とも、編み物をされる、ということで、
出来上がった糸を目にすると、
これで、編んでみたい、
編んだらどんなふうになるんだろう、って
ほっこり嬉しくなっていらっしゃいました。

そして、
こちらも糸紡ぎされるんだったら、
絶対に受けてほしい、ハンドカーダーの使い方の講習。

なんとなく使っていた道具で、
紡ぎをするときには、絶対に必要な工程なんだけれど、
力がいって、腕が疲れる、
カーディング(ハンドカーダーをかけること)は苦手、嫌い
って方が多いけれど、

ほんのちょっと、使い方を変えるだけで
力いらずで、ほわほわふわふわに
羊毛がきれいにほぐれるようになるんです。

そこができたら、
紡ぎの技はワンランクもツーランクもアップします。
急に上手くなった感じがします。

今日も、
「紡ぎやすくなりました」

というご感想をいただきました。

手仕事のあれこれは
今は動画を見ることができて、
本当に便利になりました。

でも、
説明も、動作もアップされているけれど、
なかなか上手くいかないってことは多いです。

やっぱり
実際にリアルで、
手取り足取り教えてもらえるというのは
いいですね。

上手くいかない原因も見ていきます。
そこを
こうやったらいいよ、と
修正していきます。

そんな
講習をしています。

一般の方はワンレッスン1000円で。
これはもう、ありえないくらいの破格の金額です。
(本来ならワンレッスンは3000円くらいはします)

なぜ、こんなに安い金額設定をしているのか、っていうと
ウールの会に入ってほしいから。

手仕事って、
普段は自宅で、ちまちまと
とっても辛気臭い、地味な作業の繰り返しです。

だから、
同じことをやっている仲間がいると
嬉しいじゃないですか。
そして
疑問に思ったことを気軽に聞ける場所があるって
すごく心強い。

羊毛に触れて、
あれこれ作っていると、
癒されるし、楽しいし。

羊毛クラフト、糸紡ぎ、一緒にやりませんか?

お待ちしています。

ーーーーーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
8/4、19 10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム

ドロップスピンドルで紡ぐ時に、スピンドルを落とさないようにする方法

ドロップスピンドルで紡ぐ時に、
よくスピンドルが落ちてしまうということがあります。

これは、紡ぐ太さに対して、
スピンドルの重さが重い場合によく起こりますが、
なぜ、落ちてしまうのか、ということを
考えてみました。

ドロップスピンドルは
ぶら下げて紡ぐスタイルです。

だから、紡いだ糸の先にスピンドルが下にぶら下がってる。
羊毛にちゃんと撚りがかかっていると、
スピンドルは落ちないんだけれど。

羊毛に撚りがかかってない状態だと
スピンドルは落ちてしまう。

羊毛に撚りがかからない状態になるっていうのは、

右手の糸を紡ぎ出す速さが速い時に起こる。
この時、
左手の羊毛を持っている指先が
ちゃんと羊毛を押さえてないときに
抜けてしまう。

羊毛の持ち方は
ほとんどの人が手の中に握り込んで持つやり方になってる。

そうすると、手の中で羊毛が絡んできて、
するすると調子よく羊毛が出にくい。

20180730014729e55.jpeg
持ち方を写真のように
親指相撲をするようにして、
人差し指の上に羊毛を置いて、
親指で押さえるように持つ。

このやり方だと、
羊毛を手の中で握り込まないので、
調子よく紡げる。

右手の糸を持つ場所と、
左手の羊毛を押さえる位置が
写真のように近いと、
羊毛が抜けるということがないので、
ドロップスピンドルで紡いでも、
スピンドルが落ちることはない。

それでも、しょっちゅうスピンドルが落ちて困る、
という場合には、
スピンドルを空中にぶら下げないで、
小皿などをテーブルの上に置いて、
スピンドルの先が、お皿につくように紡いでみて。

スピンドルの糸紡ぎ、
羊毛の持ち方から、丁寧に教えています。
紡ぐ癖なども、みて、
紡ぎやすい方法をお伝えしています。
是非、講習にいらしてください。

ーーーーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
8/4、19 10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム

ミニピンクッションの講習をしました

7/22、ウールの会の活動日でした。
この日はニードルフェルトのミニピンクッションを作りました。

7/8に予定していたのですが、西日本豪雨の影響で、
延期にしていました。

梅雨明けと同時に、酷暑な日々が続いていて、
この日も暑い日で、会員の皆さん、
出てきにくいかなぁと心配していましたが、

13人も参加してくださいました。

座る場所もないくらいに、盛況でした。

20180729233521a30.jpeg

みんなでひたすらチクチク、フェルトニードルを動かしています。

20180729233519af6.jpeg

皆さんの作品です。

それぞれ、個性が出ていてて、可愛らしいです。

このミニピンクッションは
11月の六甲山牧場のイベント「あきまきば」で販売予定です。
日程が決まりましたら、おしらせしますね。

11月11日には、兵庫県立神戸生活創造センターでの秋の展示の時にも、
販売します。


この日は新入会員さんもいらしていて、
午後からはスピンドルの糸紡ぎ講習もやりました。

糸が自分で紡げることがわかると、
楽しい、と喜んでいただけました。

次回の活動日は 8/4、19です。

神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
8/4、19 10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム

大事なお知らせです。

7月8日の活動日について
この雨の影響で、交通機関の運行状況がわからないので、今回は中止いたします。


豪雨の影響で、各地で大変な状況になっています。

神戸もあちこちで、避難勧告が出ていますし、
あちこちで、崖崩れなどが起こっています。

これ以上、災害が大きくならないことを祈っています。

六甲山のドライブウェイも崩れたりしないといいのですけれど。

取り急ぎ、連絡まで。

7/8,22の活動日はニードルフェルトを

201807050124052ed.jpeg

神戸ウールの会 7月8日の活動日について ご連絡

今日は、日にちが迫ってきていますので、7月8日についてのみ、
お知らせです。

7月8日の活動日は、



フェルトニードルでミニピンクッションを作ります。

用意していただくものは、
フェルトニードル(細いもの)
なければ、普通の太さでも構いません。

ペットボトルの蓋に布を貼って、
羊毛をチクチクして、ミニピンクッションを作ります。

ペットボトルの蓋と、羊毛、布はこちらで用意します。

フェルトニードルは持参してください。
指に刺さった時のために、
絆創膏も持っていただけると助かります。

このミニピンクッションは、
秋のウールフェスタと、11月の生活創造センターの秋の展示会の販売用です。

みんなでチクチク作りましょう。

7月22日もやります。

お知らせ4号も近日中にお伝えします。

新しい会員さんのご紹介と、
名簿をお配りします。

なお、糸紡ぎの講習は
並行してやりますよ。

20180705012404883.jpeg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
7/8、22(日) 10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム

トップのスライバーを紡ぎやすくするコツ

トップのスライバーを紡ぎやすくするコツ
その2です。

前にトップ、スライバーを紡ぐコツ
でスライバーをそのまま紡ぐ時の紡ぐコツを紹介しました。

今日は、
もう1つの手間をかけると、
滑りやすいトップのスライバーが紡ぎやすくなるコツをお話ししますね。

↓こちらは、ハマナカ羊毛のニードルフェルト用のメリノのトップです。
201806191429350a6.jpeg

これを蒸気の上がった鍋で、蒸します。
時間は、30分くらい。
201806191429373a3.jpeg

すらりと真っ直ぐに整った羊毛の繊維が、
蒸気を含んで、膨らんで、
ちょっとうねうねが出てきたら蒸しあがり。

ハンガーなどにぶら下げて、
乾かします。

乾いたトップが↓こちら。
201806191429386a1.jpeg

蒸す前と後ではちょっと変化がわかりにくいのですが、
201806191429400df.jpeg
20180619142941d7b.jpeg
写真の矢印のように
真っ直ぐだった羊毛が、うねうねって変わっています。
熱で伸ばされていたクリンプが、
ちょっと戻ったんです。

手紡ぎするときには、
この羊毛のクリンプって
すごく大事なんです。

糸にした後の糸の膨らみとか。
空気の含み具合が、
クリンプがあるのとないのとでは
ものすごく違うから。
クリンプがあることで、
羊毛の繊維同士も絡みやすく
紡ぎやすくなります。

乾いたら、トップのスライバーを
縦に細く裂いて、
裂いたものを、すこーしだけ、伸ばします。
羊毛が抜ける手前くらいに。
20180619142943d03.jpeg

ちょっと試しに紡いでみました。
使ったのは、
ワンカップのお酒の蓋をホイールにしたスピンドル。
20180619142944a69.jpeg

20180619142946970.jpeg

20180619142947234.jpeg
極細の糸が紡げました。
メリノなので、柔らかいです。

つるんとした、繊維が真っ直ぐになっているトップは
そのままでは、するする抜けるか、
あるいは、いきなりズボっとまとめて繊維が出てくるので、
スラブ状になりやすいです。

紡ぐ前に、蒸したり、
染めたりすると
紡ぎやすくなるんです。

ーーーーーーーーーーーー
神戸ウールの会では、羊毛洗いのやり方や、スカーディング、糸紡ぎ(スピンドル、紡毛機)、編み物、織り物、ニードルフェルト、水フェルト、羊毛関連の手芸の技術を会員同士で教えあっています。

興味がある方は、ぜひ、ウールの会の活動日にいらしてください。
ハンドカーダーの講習、スピンドルの糸紡ぎの講習を随時やっています。
次回は
7/8、22(日) 10:00~16:00です。
場所 神戸クリスタルビル5F 兵庫県神戸生活創造センター
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html

講習費 一般の方 1000円
     ウールの会会員 300円
講習申し込みフォーム

神戸ウールの会入会申し込みフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。